日経アーキテクチュア

2004/05/17号

お好みの雑誌に登録

特集記事

  • ファサードと構造体が融合

  • 特集 次世代構造
  • ヘルツォーク&ド・ムーロン(スイス)による斬新なデザインで、2003年の建築界の話題をさらった「プラダ ブティック青山店」。かつてないファサードデザ...
  • 次世代構造

  • 特集 次世代構造
  • 構造らしくない構造が出現してきた。構造はまっすぐな柱と梁でつくるもの、構造材は動かないものといった従来の概念から解き放たれ、構造が自由になりつつあ...
  • 軽薄化で擬装

  • 特集 次世代構造
  • いわば「鉄板造」の建築だ。薄い鉄板で作ったボックスを積み重ねて外壁を構成し、それで建物自体を支えている。ボックスの側板と内部の仕切り板の厚さはわ...
  • 伝統木造をガラスで制振

  • 特集 次世代構造
  • 江戸末期の長屋門を改修したこの建物に、最先端の制振壁が隠れているとは、見た目ではまず分からない。ガラスに粘弾性の制振材を張り付けた「ガラス制振壁...
  • 着脱式で移動

  • 特集 次世代構造
  • 鉄骨を縛って留める——。群馬県邑楽町が計画している庁舎やホールからなる複合施設(設計:山本理顕設計工場)では、鉄の角パイプで作ったユニットフレーム...
  • 解体しやすい構造を模索

  • 特集 次世代構造
  • “環境への配慮”をうたう愛知万博では、3R(リデュース、リユース、リサイクル)がパビリオン建設の重要なテーマだ。解体や部材の再活用をしやすい構造に知...
  • 省エネ型の「移動建築」

  • 特集 次世代構造
  • ポターズ・フィールズはロンドンのテムズ川南岸に位置し、現在は駐車場として使われている。 設計コンセプトは「モバイルビル」であり、簡単に組み立て・...
  • 次世代構造の課題と対策

  • 特集 次世代構造
  • 解析技術の進展を背景に、以前では考えられないような複雑な形態をした建築構造でも実現可能になってきた。一方で、解析技術に依存する構造設計の実情を危ぐ...
  • 柱・梁を鉛合金で固定

  • 特集 次世代構造
  • 150℃で溶ける鉛合金を使った接合部の実験が、この2月、茨城県つくば市の防災科学技術研究所で行われた。免震・制震技術を提供するアイディールブレーン(東...
  • 逆解析で造形 らせん状にうねるシェル

  • 特集 次世代構造
  • 長さ約190m、最大幅約50mの連続した構造体が、らせん状にうねりながら横たわっている。2カ所のくびれで表と裏が反転し、全体として外と中が連続したような...
  • 海外の注目 プロジェクト

  • 特集 次世代構造
  • 北京オリンピックの開会式や閉会式に使われるだ円形のスタジアム。長径約310m、短径約260m。開閉式屋根のあるスタジアムとしては世界一の規模となる。オリ...

全記事

  • 福祉のまちづくり キーワード事典 ユニバーサル社会の環境デザイン

  • 情報交差点/ブックス&マガジンズ 福祉のまちづくりキーワード事典
  • 田中 直人 編著定価3675円学芸出版社電075-343-0811…
  • 新・住まい学 「快適な家」を手に入れるための基礎知識

  • 情報交差点/ブックス&マガジンズ 新・住まい学
  • 坂本 雄三、松下 寛光 著定価1500円日経BP出版センター電03-3238-7200…
  • 読者の広場

  • 情報交差点/読者の広場
  • 本誌4月19日号緊急リポート「危険デザイン」を読み、利用者の自己責任が問われない現状に危機を感じた。 消費者保護基本法や製造物責任法などで、消費者の...
  • 【コンペ・募集】

  • 情報交差点/コンペ,シンポジウム,展示会
  • 問い合わせ先:同研究科長・瀬口哲夫教授または事務室/電052-721-1226・http://www.sda.nagoya-cu.ac.jp/top/index.html。職名・人員:助教授また...
  • 日本型魅惑都市をつくる

  • 情報交差点/ブックス&マガジンズ 日本型魅惑都市をつくる
  • 青木 仁 著定価1890円日本経済新聞社電03-3270-0251…
  • フロントライン

  • フロントライン
  • 歳以下(U-40)の構造設計者が建築界に新風を吹き込んでいる。活躍が目立つのは、岡村仁氏(40)、池田昌弘氏(39)、金田充弘氏(33)、佐藤淳氏(33)とい...
  • 早稲田リサーチパーク(埼玉県本庄市) 設計:日本設計、山下設計(全体監理:山下設計) 施工:戸田建設、大成建設JVほか

  • CLOSE UP 建築 早稲田リサーチパーク
  • 玉県本庄市に早稲田リサーチパークがオープンした。写真左は日本設計が設計を担当した研究施設「インキュベーション・オン・キャンパス本庄早稲田」、右は山...
  • 各職能部門が直接、社会の風に当たれば 自分たちに足りない部分が見えてくる

  • インタビュー
  • 日建設計が今年1月、東京・大阪・名古屋といった地域ごとの事業所制から、全社横断的な職能制に組織改編した。現業部門を、(1)設計(2)開発・計画(3)バ...
  • ファサードと構造体が融合

  • 特集 次世代構造
  • ヘルツォーク&ド・ムーロン(スイス)による斬新なデザインで、2003年の建築界の話題をさらった「プラダ ブティック青山店」。かつてないファサードデザ...
  • 国際不動産見本市会議「MIPIM」 ——フランス・カンヌ

  • 情報交差点/PICK−UP EVENT
  • 世界最大規模の国際不動産見本市会議「MIPIM」が、3月に南仏カンヌで開催された。15回目となる今年は世界65カ国から約1万6000人が参加し、活況を呈した。参...
  • デザインの生態学 新しいデザインの教科書

  • 情報交差点/ブックス&マガジンズ デザインの生態学
  • 後藤 武、佐々木 正人、深澤 直人 著定価2310円東京書籍電03-5390-7512…
  • 建築生産 Management and Organization of the Building Process

  • 情報交差点/ブックス&マガジンズ 建築生産
  • 松村 秀一 編著定価3360円市ヶ谷出版社電03-3265-3711…
  • 建て替え問題

  • ニュース
  • 阪神・淡路大震災で被災した分譲マンション「宝塚第3コーポラス」の建て替えを巡る訴訟で、大阪高裁は4月9日、建て替え決議の有効性を認める一審判決を支持...
  • 次世代構造

  • 特集 次世代構造
  • 構造らしくない構造が出現してきた。構造はまっすぐな柱と梁でつくるもの、構造材は動かないものといった従来の概念から解き放たれ、構造が自由になりつつあ...
  • 軽薄化で擬装

  • 特集 次世代構造
  • いわば「鉄板造」の建築だ。薄い鉄板で作ったボックスを積み重ねて外壁を構成し、それで建物自体を支えている。ボックスの側板と内部の仕切り板の厚さはわ...
  • 伝統木造をガラスで制振

  • 特集 次世代構造
  • 江戸末期の長屋門を改修したこの建物に、最先端の制振壁が隠れているとは、見た目ではまず分からない。ガラスに粘弾性の制振材を張り付けた「ガラス制振壁...
  • 着脱式で移動

  • 特集 次世代構造
  • 鉄骨を縛って留める——。群馬県邑楽町が計画している庁舎やホールからなる複合施設(設計:山本理顕設計工場)では、鉄の角パイプで作ったユニットフレーム...
  • 解体しやすい構造を模索

  • 特集 次世代構造
  • “環境への配慮”をうたう愛知万博では、3R(リデュース、リユース、リサイクル)がパビリオン建設の重要なテーマだ。解体や部材の再活用をしやすい構造に知...
  • 省エネ型の「移動建築」

  • 特集 次世代構造
  • ポターズ・フィールズはロンドンのテムズ川南岸に位置し、現在は駐車場として使われている。 設計コンセプトは「モバイルビル」であり、簡単に組み立て・...
  • トップライトが商品を変色させた

  • 失敗に学ぶ
  • この店舗の設計で特に求められたのはローコスト。いろいろと考えた結果、屋根のトラス部材には軽量で細い鋼材であるアングル材を採用することにした。鋼材...
  • シールド 磁気 ガラス張りのMRI室を実現

  • 技術クリップ/フォーカス
  • 鹿島は、強い磁気が発生するMRI(磁気共鳴映像装置)を備える検査室の壁面を、ガラス張りにできる「開放型磁気シールド」技術を開発した。「世界初の技術」...
  • 空気環境

  • 技術クリップ/新技術・IT
  • 新都市ハウジング協会は、紙・フィルター加工のチヨダコンテナー、換気口メーカーのユニックスと共同で、花粉やディーゼル排気粒子(DEP)を除去する住宅用...
  • 新製品

  • 技術クリップ/新製品
  • 南欧の瓦のような明るく素朴な色調の被せ葺き金属屋根材。サビと色の変化に強い耐摩カラーGL鋼板(厚さ0.35)に、ガラス繊維強化縮みポリエステル樹脂塗装を...
  • 次世代構造の課題と対策

  • 特集 次世代構造
  • 解析技術の進展を背景に、以前では考えられないような複雑な形態をした建築構造でも実現可能になってきた。一方で、解析技術に依存する構造設計の実情を危ぐ...
  • 承孝相・張永和 Works:10×2

  • 情報交差点/ブックス&マガジンズ 承孝相・張永和Works×2
  • ギャラリー・間 企画・編集村松 伸 監修承孝相、張永和 著定価3360円TOTO出版電03-3402-7138…
  • 柱・梁を鉛合金で固定

  • 特集 次世代構造
  • 150℃で溶ける鉛合金を使った接合部の実験が、この2月、茨城県つくば市の防災科学技術研究所で行われた。免震・制震技術を提供するアイディールブレーン(東...
  • 逆解析で造形 らせん状にうねるシェル

  • 特集 次世代構造
  • 長さ約190m、最大幅約50mの連続した構造体が、らせん状にうねりながら横たわっている。2カ所のくびれで表と裏が反転し、全体として外と中が連続したような...
  • 海外の注目 プロジェクト

  • 特集 次世代構造
  • 北京オリンピックの開会式や閉会式に使われるだ円形のスタジアム。長径約310m、短径約260m。開閉式屋根のあるスタジアムとしては世界一の規模となる。オリ...
  • 工業地域にシネコンをつくれるか 用途規制の形がい化が矛盾を生む

  • 法務
  • s工場の海外転出などで広大な空地が目立つようになった工業系の用途地域で、大規模な商業系施設の進出の可否が問題になることがある。局所的な現象ではないら...
  • SwS試験の活用法と限界

  • 住宅 転ばぬ先の地盤対策
  • スウェーデン式サウンディング試験(以下、SwS試験)の長所は、少ない費用でかつ短時間に多数のポイントを調査できることだ。「この特徴をうまく活用すれば、...
  • 第1回

  • 連載 一人でできるプレゼン書類作成術
  • 「いちいち他人に頼るのはやめたい」。パソコンで作業中、こう考える人もいるだろう。CADはもちろん、Wordのようなビジネスソフトも、できれば自力で使いこな...
  • INGグループ本社ビル(オランダ・アムステルダム) 設計:マイヤー&ファン・シューテン

  • CLOSE UP 海外 INGグループ本社ビル
  • ランダを本拠とする複合金融コングロマリット「INGグループ」の本社ビルだ。東西に138m、南北に幅28mという細長い躯体が、南側と北側に配された8組ずつのV字...
  • アリス・マナー・ガーデン・銀座ウォーク(東京都中央区) 発注:都市綜研インベストバンク 設計:スタジオワン、設計室、構造設計工房デルタ 施工:大木建設

  • CLOSE UP 住宅 アリス・マナー・ガーデン・銀座ウォーク
  • 地面積180m2、間口がわずか6.5mのマンションを建設するとしたら、どんなプランを考えるだろうか。一般的なラーメン構造では梁や柱の占める部分が大きく、た...
  • プレビュー

  • プロジェクトナビ
  • ニューヨーク近代美術館(MoMA)は4月28日、工事の最終段階を迎えている増改築計画の内容を明らかにした。改修設計を手がける谷口吉生氏と、MoMAのグレン・...
  • 坪平均60万円台後半が続く

  • コスト&プライス
  • 全国有力建設会社に対する本誌のアンケート調査で、2004年1月〜3月の医療施設の平均坪単価が前四半期より1万9000円上がり、67万6000円となった。2003年4月...
  • DESIGN JAPAN 新しい日本の「ノーコンセプト・デザイン」

  • 情報交差点/ブックス&マガジンズ DESIGN JAPAN
  • 能勢 理子 著、マイケル・フリーマン 写真定価3990円ビー・エヌ・エヌ新社電03-5333-1137…
  • さいたま市

  • 情報交差点/地元の名建築
  • どちらも前川氏の作品で、浦和駅の近くに並んで建っている。にぎやかな環境の中にあって、敷地いっぱいに施設を配置し、中央に地域住民のオアシスとなるよ...